(株)アイオー精密「東北のモノづくり復活のきっかけに」

製造部生産技術課 宇部輝彦 課長

社名 株式会社アイオー精密
所在地 岩手県花巻市東十二丁目19の10の54
TEL 0198-22-4330
設立年月 1977年(昭和52年)9月
資本金 1億7500万円
社員数 404人
webサイト http://www.aio-precision.co.jp外部サイトへ

"どんなものも加工する"を強調

「現地の正しい情報を伝えなければならないと思った」。アイオー精密製造部生産技術課の宇部輝彦課長は「メッセナゴヤ2012」出展の動機をこう話す。

東日本大震災では岩手県内陸部でも一部被害が出たが、花巻市にある同社の工場はほとんど無傷に近い状態だった。しかし震災を懸念してか、以前よりも受注水準は低下した。中には花巻市と宮城県石巻市とを勘違いする顧客もいた。

こうした背景から岩手県の支援もあり復興支援枠で出展した。中京、関西地区に顧客が多かったことも出展の背中を押した。

展示会ではレーシングカー向けサービスパーツやメンテナンスパーツ、複雑な形状の金属加工品など試作品を展示した。宇部課長は「当社は不特定多数の顧客からいただいた図面を元に製品を加工する。自社製品はないので、どんなものでも加工できるという点をアピールした」と話す。

同社は約3000社との取引実績があり、業界は半導体や自動車、工作機械、医療機器、食品など幅広い。さらに金属切削がメインだが、板金や樹脂なども加工できる点を訴えた。

複雑な形状の金属加工品を手がける

金属加工のコンビニエンスストア

約700台の工作機械を駆使して、24時間、年中無休体制に挑戦し、顧客に短期間で納入するのが強みだ。400人のスペシャリストが1日に対応する図面枚数は4000〜5000枚ほど。受注の多くは1、2個の部品加工で、1000個以上の量産品は少ない。

さらに熱処理炉や表面処理設備も持つ。見積もりから加工や熱処理、表面処理、検査、出荷までを自社で担い、品質と納期短縮を追求し続けてきた。その結果、「朝に注文を受けて夕方に発送する体制ができつつある。近場であればその日のうちに顧客に届けられる」(宇部課長)と自信を見せる。金属加工のコンビニエンスストアのような存在だ。

展示会では花巻市の地理的な優位性もアピール。同市は東北自動車道、東北新幹線、いわて花巻空港があり「物流環境は国内屈指」(同)と強調した。

展示会では強力な顧客対応体制を強調

大手企業から意外な引き合い

今回の展示会を通じて数社から受注した。宇部課長は「加工メーカーとしてさまざまなアイデアを出して対応した。展示会のメリットは通常、訪問のきっかけすらない顧客からの受注につながる点だ」と話す。

交換した名刺は約100枚。今後、営業担当者が細かく足を運んで受注につなげる。東北は震災からの復興途上だが「今回の展示会で当社の正しい情報を伝えられたと思う。東北のモノづくり復活につなげたい」(宇部課長)と意気込む。

メッセ効果の検証チャート

1.出展の理由・きっかけ 多品種少量生産の強みを訴えたい 中京地区に顧客多い 2.出展において工夫したこと どんなものでも加工できるという点をアピール 3.メッセに出展して得たもの 約100枚の名刺を交換 大手メーカーを含む数社から受注

出展者一覧

セミナー・イベント

このページの先頭へ