セミナー詳細Seminar

ロボット・AIイントロダクションセミナー

セミナー・フォーラムイベント

2022年11月18日(金) 14:00 ~ 16:00

中小企業等におけるロボット・AI等の活用普及を目的としたセミナー

・「未来に勝ち残る企業になるために~AI時代に求められる人材とこれからの働き方~」
サイエンス作家
竹内 薫

 1960年7月2日東京生まれ。東京大学教養学部教養学科(専攻、科学史・科学哲学)・東京大学理学部物 理学科卒業。マギル大学大学院博士課程修了(専攻、高エネルギー物理学理論)。

 理学博士(Ph.D.)大学院を修了後、サイエンス作家として活動。物理学の解説書や科学評論を中心に150冊あまりの著作物を発刊。2006年には「99.9%は仮説~思い込みで判断しないための考え方」(光文社新書)を出版し、40万部を越えるベストセラーとなる。物理、数学、脳、宇宙、AI・など幅広い科学ジャンルで発信を続け執筆だけでなく、テレビ、ラジオ、講演など精力的に活動している。また大の猫好きでもあり、著作物の中に猫(シュレディンガーの猫)も度々登場する。2016年春からは小学校レベルの民間学校「YESインターナショナル」代表も務める。

・「ヒトと共存して未来を拓くロボットシステム」
名古屋大学大学院工学研究科情報・通信工学専攻 准教授
舟洞 佑記

 1984年7月生まれ。名古屋大学大学院工学研究科電子情報システム専攻博士課程を修了後、理化学研究所基幹研究所に入所。
 理研-東海ゴム人間共存ロボット連携センターロボット制御研究チームの特別研究員にて、移乗支援ロボットROBEARの研究開発に携わる。
 その後、名古屋大学大学院工学研究科 電子情報システム専攻 助教、同 情報・通信工学専攻 准教授として現在に至る。
 2012年に学位(博士(工学))を取得以降、ヒトと共存するロボットシステムの実現を目指し、計測・制御・システム設計の研究に従事。
 2018年10月から2022年3月まではJST さきがけ研究員、2022年4月からはJST創発研究者を兼任、柔らかい布状ロボットのモデリングと制御に挑戦している。
 2020年4月からは、東海国立大学機構 航空宇宙研究教育拠点 准教授を兼任、航空宇宙産業の自動化に係るロボット技術の研究に従事。
 2021年4月から名古屋大学 高等研究院 を兼務、ヒトーロボットのインタラクションに係る学内連携を進めている。


会場コンベンションセンター 3階ホールA2
講演者サイエンス作家 竹内 薫氏
名古屋大学大学院工学研究科情報・通信工学専攻 准教授 舟洞 佑記氏